やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Southgang 『Tainted Angel』 1991年

souttainted
数年前と比べると、近年プレミア盤だったアルバムが軒並みプライスダウンしている様に思う。
このSouthgangの1stアルバムも嘗ては¥3,000-超えが当たり前だったのが、今や探せば¥500-くらいから手に入る。ヽ(`Д´)ノウワーン!

Southgangは今やポップミュージシャンとしてのキャリアが有名な"Butch Walkerが在籍していたバンド"として知られているが、正直なところ音楽性は全く違うので、"へぇ~そうなんだ(´・∀・`)"くらいで良いと思う。
結局はSouthgangからボーカルのJesse Harteを抜いて再編成されたオルタナパンク系バンド、Marvelous 3が彼の最初のヒットであるし、どちらかと言うとこちらがルーツとした方がスッキリする。

さて、肝心のSouthgangの方ですが、全ての曲はButch WalkerとJesse Harteを中心に全員が作曲に絡む形になっているのですが、注目する点はここにDesmond Childが絡んでいると言うこと。
それだけで眉間にしわを寄せてしまう人も多いかと思う。(´・ω・`)
確かに如何にもDeamond Childなパワーバラードも混じっているけれど、彼らが元々持っていた泥臭さやゴスペル調コーラスをフューチャーした曲が大半で、それらが上手くポップにアレンジされている。

もし、オリジナルのままデビューさせていたら、もっとアグレッシブなアルバムになっていたと思うのですが、Deasmond Childが関わったことで、捨て曲の無い高い完成度のアルバムになったのは確か。
どっちみち過ぎ去った過去の話なので、もしもの話に意味は無い。

この時代に有り勝ちなアルバム、サウンドではあるものの、その中でも頭抜けた大傑作なので、この時代を象徴するアルバムとして推薦したい。d(´ε`*)

「Tainted Angel」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

国内盤も出てますね!

ブッチウォーカー自体あまり好きではないので
思いっきりノーチェックだったんですが
国内盤も2枚?出てますね。
当時はそこそこ有名なバンドだったのかな?
アマゾンで見たら物凄いプレミア付いてるけど。。。
安くで見つけることが出来たら聴いてみようかな!

>マトBさん

ブッチ・ウォーカーは次のマーベラス3で現在の音楽性に路線変更します。
このサウスギャングはウォレント、ファイヤーハウス、ロキシー・ブルー系統なので安心です。

値段が高いのは仕方ないですね。内容が良いですもん。(*´ω`*)

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://junkrock.blog7.fc2.com/tb.php/60-1073f5ef
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。