やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Laos 『We Want It』 1990年

Laos『We Want It』
基本的に女性ボーカルモノはあまり詳しくありません。
それは女性ボーカルではアタック感が弱いなど、マイナスイメージを持っていたので最近まで聴くことがなかったからです。<(_ _*)>スミマセン

そんな中、たまたま耳にしたのがこのアルバムのタイトル曲「I Want It」。
LaosはGudrun Laos嬢をボーカルに据えたドイツ産ハードロックバンドで、CasanovaやBon Fireなどのアメリカナイズされたジャーマンロックです。(#゚Д゚)=○

「I Want It」は如何にもドイツ産らしい骨太なリフから始まり、かなりシャウト気味なハスキーボイスでボーカルが入ってきます。
最初はこのボーカリスト良い声してるな~何か女っぽいけど、位にしか思ってなかったんですがPVを見て納得。
顔を見ずに聴けば男も女も関係無いと初めて知った夏...(何か卑猥だなw(ノ∀`*)


Gudrun Laos嬢の男勝りなハスキーでパワフルなボーカルは圧巻でなかなか迫力がありますが、このLaosのアルバムが喰わせ者でして「I Want It」以外は産業ロックです。
まあドイツ産なのでシンセで音に厚みを出したりするのは当たり前かな?とは思いますが、時にJourney風だったりメロディアスな曲満載です。Σ(゜□゜)

またBanglesでも通用する様な曲ではしっとりと女性らしさも垣間見えて、案外女性ボーカルの方が面白くてずるいなぁ~なんて思わせてくれます。( ´∀`)σ)∀`)
何か固定概念を崩されながらも、女性ボーカルの良さなんかも再認識させてくれる一枚だなと思います。
産業ロックのアルバムとしても秀逸です。

Laos名義ではたった一枚で終わりましたが、メンバーはそのままにGudrun Laos名義で2枚のシングルを出しています。
シングルは少しプレミアが付いていて今でも手に入りますが、再発されたアルバムにも6曲中3曲ボーナストラックで入っているのでコレクター向けですね。最近ではGudrun Laos名義で幻の2nd音源がリプロ盤にもなっています。全て揃えたい人はどうぞ。
d(・`ω´・)

このアルバム日本盤も出ていましたが現在は廃盤でとても高いです。
再発盤の方が先にも挙げた様にシングルの音源がボーナスで入っているのでおススメです。ただし再発盤もレーベルが倒産/廃盤でプレミアが付きつつありますので、興味のある人は早めに探してみて下さい。

「I Want It」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://junkrock.blog7.fc2.com/tb.php/50-6a0442cb
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。