やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

High Noon 『No Turning Back』 2009年 [日本未発売]

HN_NTB
High Noonのこのアルバムは発掘音源系レーベルEonian Recordsからリリースされている。
と言うことは、既にこのバンドはもう無い。

High Noonは89年にカリフォルニアで結成されて、94年に解散するまで活動していたハードロックバンド。
カリフォルニア出身で、スペシャルサンクスにDon Dokkenの名前が見られるのでおそらくLAを舞台に活動していたと思われる。

Eonian Recordsから出ているバンドに共通している様に、このバンドもメジャーデビューはしていない。
このアルバムに収録されている音源は活動していた6年間に録られた音源を集めたモノで、時系列に並べられたベストアルバムの様なもの。
Eonianが発掘してくるバンドは何れもレベルが高く、音質もできる限りクリアに編集してくれているので、とても良心的。ヽ(゚∀゚*)ノ

このHigh Noonもかなりのハイレベルなバンドで、この様な形で一枚のアルバムに纏めると、何故デビューできなかったのか?と思う。
アルバムの中程までのスピード感ある楽曲は勢い抜群。
特に5~8曲目はマイケル・ワグナーが絡んでいるので、充分メジャーレベル。(´∀`*)

ごく初期はDokkenぽいことをしている感じもあるけれど、基本的にはもっとハードロック寄りで、Hericane AliceやShark Islandに近い縦ノリではあるけれどメロディも大事にしているバンドだと思う。

ボーカルはハイトーンと言うよりは基本的に声が高くて、あまり人気の出る声質ではないと思うが個性的。
ギターもなかなかフラッシーで格好良いし、ルックスも高いレベルで揃っている。
もし足りないモノがあるとすれば、感動的なバラードが無い。
この時期ハードな曲と合わせて、良いバラードも書けないと苦しい。

アルバムも後半になると少しずつダークでシンプルなモノに変わり、メンバーも一人二人と去って行き、華やかさが失われていく。
そう言ったバンドの顛末が一枚のアルバムの中に収まっている。(´・ω・`)

こんなマニアックな音源が聴けることに感謝したい。
しかもEonian RecordsはNightmare Recordsを通してワールドワイドに配給されているので、日本でもHMVやアマゾンで購入することができます。

「Have My Heart」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

良いですね!

このレーベルのCDは数枚持ってますが
どれも悪くはないけど良くもない!って音源ばかりだったんですね!
っで、このHigh Noonも敬遠してたのですが
試聴したけど良いですね。
一度ゆっくり聴いてみようかと!
ってかモロにShark Islandですね(笑)!
タックさんの的確な例えにはいつも感心します!

Re: 良いですね!

バンドの良い時、悪い時全てを収録してしまっているので、トータルで悪い印象しか残らないかも知れません。
何枚か纏めて購入した時などはどうしても埋もれてしまいますね。

こうやって、一曲だけ(しかも一番良い曲)ピックアップして聴くと、バンドの持っていたセンスも見えてきます。
ここはそういった再発見の場としても使って頂ければ。ヽ(´ー`)ノ

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://junkrock.blog7.fc2.com/tb.php/45-df0a5aee
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。