やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/05≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Warrant 『Dirty Rotten Filthy Stinking Rich』 1989年

Warrant『Dirty』

このWarrantもDanger Dangerと同様にハードロック黄金時代の最後の成功者であり、その後の音楽シーンの変化に翻弄された代表的バンド。
本当ならワザワザ紹介しなくても良いバンドのはずが、今やほとんど忘れ去られた存在ですね。(´・ω・`)

この1stと次の2ndは超が付くほどパーティ・ロック/ハードポップの名盤だと思うのですが、若いコで知ってるという話を聴いたことがないんですよね。むしろその後のTuffとかマニアックな方がまだ知名度があったりして...。(´・ω・`)
やはり音楽性の転換とメンバーの脱退など悪い流れが未だに続いていることが大きく影響しているのでしょうか?

さっきも書いたように1st/2ndはBon Joviの『Slippery When Wet』『New Jersey』に匹敵する位に内容の充実したアルバムだと思います。(言い過ぎ?)
程好くハードでキャッチーな曲や重厚なバラードなど今でも充分通用するだけの楽曲が詰まっています。捨て曲無し、とはこのことを言うんだぁ~!と訴えたくなります。
ヽ(`Д´)ノ
中古でもよく見掛けますし、数年前に復刻されて今でもカタログ上生きています。


バンドは3rdで少しヘビーでダークな方向に走り、リードギターのジョーイとドラムのスティーブンが脱退。
新たに迎えたメンバーが元Kingdom Comeのジェイムズ・コタックとリック・ステアで、更なる音楽性の変化は予想通りで4thと5thは90年代を意識したノイジーでダークな作品になりました。たぶん、グランジ世代の人(僕もそのはずなんですが)には問題無いと思います。

その後カバーアルバムなどで、嘗ての明るい方向性に戻りつつあったのにフロントマンのジェニーが脱退。
するとジョーイとスティーブンのオリジナルメンバー復帰!?(実はジェニーに問題あった?)
しかもBlack N' Blueのジェイミー・St.・ジェイムズを加入させてアルバム『Born Again』の発表。
ところがジェニー突然の復帰。そしてスピード再脱退(やっぱりジェニーに問題あった?w→理由はアルコール問題)
現在はBig Cockのボーカリストを迎えて今回のRocklahomaの出演とゴタゴタが続いています。('A`)

「Heaven」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://junkrock.blog7.fc2.com/tb.php/39-cd321469
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。