やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Alleycat Scratch 『Deadboys in Trash City』 1993年 [日本未発売]

Alleycat Scratch『Deadboys in Trash City』
アレイキャット・スクラッチ93年デビューの唯一のアルバム。中身はジャケットを見ても分かるように、と言うかココまでジャケットが中身を表しているアルバムも珍しいんじゃない?ってくらいにバッドボーイズ系なグラムでスリージーなバンドです。

93年当時のアメリカはグランジとへヴィロックのブームでこの様なバンドは絶滅していたと勘違いしている人も居るかと思いますが、メインストリームからアンダーグラウンドに入れ替わっただけでいくつか良いバンドも存在していました。
ただ、日本でもニルヴァーナやパール・ジャム、アリス・イン・チェインズのグランジ勢やパンテラやマリリン・マンソンの様なへヴィロック、オルタナティブ系が多く紹介されて、このアルバムも日本盤は出ませんでした。

そのオルタナブームが一段落して80~90年代初頭の頃のHair/Glam/Sleaze系ロックが見直される様になりました。しかし時は既に遅く多くのバンドは消滅し、このアルバムも廃盤で2万円以上の激レアプレミア化していました。('A`)

そのアルバムが3年ほど前に奇跡的に再発。未発表曲2曲とほとんどブートレベルですがライブDVDも付属して普通のアルバム一枚分の価格で発売されました。
しかし今年になり再び廃盤となり、今後プレミア化するのは必至かと思います。気になっている人は在庫がある内に速めに手に入れておく事をオススメします。

肝心の音の方ですが、よく初期モトリー・クルーに例えられる事がありますが、どちらかと言うとオルタナのフィルターを通した現在北欧から続々登場している暴走系R&Rバンドに近いと思います。かなりの毒を放っています。アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ

「Stilletto Strut」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://junkrock.blog7.fc2.com/tb.php/13-16d1fc3d
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。