やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Little Caesar 『Little Caesar』 1990年

LiCa_st
長年、CDラックに眠らせていたアルバムがようやく日の目を見る時が来た。
Little Caesarの様な激渋なバンドも聴けるようになり、随分自分も歳を取ったなぁ何て思う。(´・∀・`)

一時、オルタナブームで活動を休止することもあったが、Little Caesarは今年も順調にライブを行っている。
僕がLittle Caesarの存在を知ったのが、ボーカルのRon YoungがAdrian Vandenberg、Rudy Sarzo、Tommy Aldridgeと組んだManic Edenがアルバムを出した時で、このバンドは既に解散状態になっていた。
Manic Edenはプチオールスターバンドだったので、当時多少話題になったのは覚えている。(直ぐ解散してしまったし、特に売れた様なことも聴いてないけど。)

腕一面に施されたタトゥーも今では当たり前になっているが、90年頃ではまだ強烈な印象を受けた覚えがある。
もの凄い強面なルックスなので、Motorhead辺りの暴走系ハードロックをやってそうな感じもするのだけれど、上でも述べている様に基本激渋なブルースロック。
(*´Д`)y-~~~ウマー!

ただし、ニューヨーク出身のバンドなので、南部の泥臭いブルースではなくて、スタイリッシュでナイトクラブでもギリやっていけそうな感じ。
アルバムからシングルカットされた「Chain Of Fools」はAretha Franklinが67年にヒットさせたソウルの名曲で、こういった曲を入れてくる辺りがバンドのセンス、個性であり、苦手な人にはちょっと受け入れ難い障害になってくると思う。(゜Д゜;)

また、所属レーベルがAerosmithやGuns N'Roseも所属(当時)していたゲフィンで、プロデューサーがボブ・ロックだったのも、アルバムが小ざっぱりした雰囲気になった理由になるかも知れない。
90年頃らしい派手さは全く無いバンドなので、日本ではどれくらい人気があるバンドなのかは良く分からない。
バンドとしては、この1stがバンドとしては最高位139位なので、アメリカでもそれほど活躍したとは言い難いのかな。
ただしRon Youngのボーカリストとしては人気があり、先のManic Edenを含め、ゲストで渋い歌声を披露している。

本来、試聴は「Chain Of Fools」の方がバンドの本質を伝えられるのだけれど、あまりに取っ付き難いのでアルバムからもう一曲シングルカットされた「In Your Arms」を挙げておきます。
興味が沸いたら、「Chain Of Fools」もチェックしてみて下さい。
(*゚∀゚)=3ハァハァ

「In Your Arms」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

対抗馬!

ガンズの対抗馬的な扱いの印象が強い彼達なんだけど
正直僕はあまり彼達の魅力が伝わってこないんだよな~。。。
今聴いてみたらまた印象が変わるのかな?
近年リリースされた復活作はROCK CANDYからと言うこともあり
注目はしてたんだけどね!
久々にゆっくり聴いてみようかな!

>マトBさん

ガンズの対抗馬というには正反対な位置ではないし、かと言って同じ系統でもないのでどうなんでしょう。
(〟-_・)ン?
ガンズの様に強烈な名曲があるわけではないですしねぇ。

'09年の『Redemption』はかなり渋い内容なので、ブルースやソウルが好きじゃないとキツイと思いますよ。
まずは1stですね。試聴にもした「In The Arms」や「Midtown」「Chain Of Fools」はとても良い曲だと思います。d(>_< )Good!!

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://junkrock.blog7.fc2.com/tb.php/124-268e48ce
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。