やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

McQueen Street 『McQueen Street』 1991年

ms-st
巨大女が車を持ち上げている何ともシュールなジャケットが印象的なMcQueen Streetの1stアルバム。
邦題の『危険なストリート!』もイカスぜ!(´゚∀゚):;*.':;

このジャケ、Faster Pussycatの3rdアルバムっぽくもあるけれど、こちらのバンドはスリージー系ではなくて"これぞアメリカンHR!"なバンド。
アラバマ州出身ということで音楽的傾向としてはTeslaやKixなど、ちょっと埃っぽくてシンプルな縦のりHR。

シンプルな仕上がりはプロデューサーのトム・ワーマンが影響していると思う。
定評のある素材の良さを生かすプロデュースは極限まで余分なモノを排除して、それでいて粗くなったりすることなくガッチリと仕上がっている。
(欲を言えばシンプルなのでボーカル以外の音作りが似通ってしまうのがトム・ワーマンの悪いところか?)

バンドとしてはしゃがれ声のいかにもアメリカンなボーカルが特徴的。
渋さとスリージーさがギリギリで、結構ラフに歌っているのでこの辺りは好き嫌いが分かれるところかも。

比較的ミドルテンポな曲で構成されていて派手さが無いので、あまりロックを聴かない人にはマッタリとして退屈に感じるかも知れない。
特に冒頭から地味にスタートするので、パッと聴いただけではあまり魅力的に感じない。
僕も購入して長い間つまらないアルバムとしてラックで埃を被っていた。(●´ω`●)ゞ

曲のレベルは極限に高くて、更に中盤に向けてジワジワと上がっていく。
聴き込むほどに魅力的になっていく麻薬的なアルバムなのでジックリと聴いて欲しい。
ほとんど捨て曲も無くて試聴用にどの曲を選ぶかとても迷った。
これだけシンプルにしても曲が良いのは、本当に曲が良いということ。

バンドはグランジブームの為に93年に解散。
'03年に突然2ndアルバム『McQueen Street 2』(日本未発売)をリリース出しているけど、こちらは当時のレーベルEMIでお蔵入りになっていた曲をボーカルのDerek Welshがアルバムとし発表したモノです。

「In Heaven」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

実は。。。

僕、あまり良い印象持ってないのですよね~!McQueen Street。
タックさんも書かれてるように正直退屈に聴こえて殆ど聴いてない。。。
でもこの機会にもう一度ゆっくり聴いてみるよ。
スルメ盤とタックさんの推薦だしね!

Re: 実は。。。

分かります。
前半は良くも悪くも無く、華が無い印象を受けてしまいますね。

基本的にアメリカのアルバム作りは序盤でガンガン盛り上げて、尻すぼみで終わるパターンが多いと思うのですが、このアルバムは意図的に後半に重点を持って行ってるんじゃないか?と思います。
僕的には「My Religion」の所から、ようやく本気出してきてる感じがします。

前半飛ばして「My Religion」から聴き始めると、また違った印象を受けると思います。d(`・ω・´)

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://junkrock.blog7.fc2.com/tb.php/114-ccad8a99
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。