やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coracko 『New Virus Spreads!』 1992年 [日本未発売]

Cora_NV
ドイツのハードロックバンド唯一のアルバムです。
Corackoというバンド名はドイツ語なのか?意味は分かりません。
表裏ジャケットに良く分からない生き物が居ますけど、これがCoracko?
(*´∀`)
読み方はコラッコです。

ギターのPeter SzigetiとベースのFrank RittelはWarlockの1st~3rdまで参加していて、CasanovaのドラマーMichael Eurichとも同時期に在籍していました。
PVで左ギターを弾いているのがPeter Szigetiです。

スタイル的にはWarlockのキャッチーさはそのままに、よりハードロック寄りでアメリカナイズされています。
所謂ジャーマンメタルとは違います。
ただアメリカンハードロックにある様な縦ノリでルーズな所は無くて、ドイツ産らしいキッチリとした作りになっています。
この辺はジャパメタと共通するところなので、もしこのアルバムが日本に紹介されていたら結構人気が出ていたのではないか?と思います。(´∀`)b

レフティ・ギタリストのPeter Szigetiの音作りもFreak KitchenのMattias Eklundhに似ていて、機械的で無機質な感じです。
この辺りもアメリカ産ではあまり好まれない音ですね。
音はマティアス・エクルンドに似ていますけれど、あんな変態プレーはなくてオーソドックスだけどかなり旨い。

音楽的にはクセも無くて、とても爽やかな作りになっているので、一般リスナーに広く受け入れられるタイプです。
バンドは残念ながらこれ一枚で解散してしまっています。
もったいない。(´・ω・`)ショボーン

「Dreamland's Gone」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんなバンドがいたとは……CD欲しいですが、普通には売ってないですねぇ

>名無しさん@ニュース2ちゃんさん

海外からお取り寄せ経験がおありでしたら、ドイツのアマゾンがあります。
ドイツ語ですが、日本のアマゾンとほぼ同じなので、後はクレジットカードがあれば簡単です。
(*`∀゜)b

良いですね!

ドイツのバンドって超攻撃型のパンク色が強いバンドばかり聴いてた僕だけど
こんな感じのメロディアスな代物も良いですね!
MAD MAXの名盤Night of Pasionを彷彿させるね!

>マトBさん

ドイツ産はメロディ重視が多いですね。
特にリズム感が日本人に近いのかな?と思います。(?_?)

Mad Maxって、結構ジャーマン臭ありますね。
Michael Bossが好きですけど、Mad Maxは聴いてないんですよね。(^_^;)

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://junkrock.blog7.fc2.com/tb.php/108-d9952bd1
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。