やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2009/03≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2009/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dope 『No Regrets』 2009年

Dope 『No Regrets』
僕よりもヘビーなデスメタルやブラックメタルをガンガン聴く女の子にウルサイバンドと言わしめたDope。
それはデスやブラック/スラッシュの様に高速リフを多様すると、折角音をヘビーにしても実際に耳にはスカスカに聴こえるからだと思う。

そこに革命を起こしたのがPanteraであるわけだけど、Panteraが怒ヘビーに聴こえるのは機材の向上だけでなくて、リフの溜めやうねりにあると思っている。
耳に聴こえるヘビーではなくて、感覚として捕らえるヘビー。
そういう観点で音楽を聴けばAerosmithだって、かなりヘビーに聴こえる。

このDopeもそういった手法を得意としているバンドであると思う。
デビュー盤こそMarilyn Mansonモドキと言われた通り、ヘビーでドヨドヨした音楽をやっているが2ndアルバム以降は充分に溜めたリフ満載で独特の雰囲気を醸し出すようになっている。

特にこのDopeが良いと思うのはイントロにキラーリフ満載で印象的な曲が多い。
また他のヘビーロックにはない時にグッとくるメロディアスな部分が心を刺激してくる。
日本ではStatic-XやMurderdolls、Wednesday 13辺りと比較されがちだが、Static-XやMurderdollsに加入したTripp EisenやAcey SladeはDopeの出身なので、音楽性のルーツはコチラにあると言って良いと思う。

前作から日本盤が出るようになり音楽性も若干こなれてきていたが、今回のアルバムでは再び攻撃的な内容に仕上がっていて過激なDopeに戻った。
あとは大量なボートラが無ければもっとすっきりしたアルバムになるのにと思うのですが、毎回レーベルに悩まされている様なので、曲の権利を維持する為に同じ曲を入れるんでしょうねぇ。

「Best For Me」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。