やっぱRockでしょ!

とりあえず好きなRockの話から、時には脱線してRockか?な話まで。 最終的に"やっぱRockでしょ!"となれば御の字。 そんな感じでマッタリとやってくよ~⊂⌒~⊃。Д。)⊃
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Climb 『Take A Chance』 1988年

Cli_TAC
野球WBC終わっちゃいましたね。
日本は残念でしたが、なかなか楽しませて貰いました。(。´ω`。)

さて、今回取り上げるのは野球繋がりでClimbと言うバンドを紹介。
知る人ぞ知る珍盤ですね。(結構メジャーなのかな?)

インナースリーブに"ウォーレン・クロマティ率いる噂のスーパー・グループ...クライム!ロックシーンにまたひとつの伝説が誕生する!"なんて大袈裟なこと書いてます。
クロマティってw懐かしいな。
そう元ジャイアンツの最強助っ人ウォーレン・クロマティが率いるバンドなんです。
(もうリアルタイムに知っているのは30後半、今や魁クロマティ高校の名前の由来になった人くらいの知名度か?)
当時はそこそこ話題になったみたい?(なんせまだ現役だった)ですが、今となっては完全にネタですね。(ノ∀`*)

さてクロマティの活躍っぷりですが、担当はドラムです。
ちょっとドラムはプレイしたことが無いので、技量のほどは分かりませんが、非常にオーソドックスなドラミングを披露しています。
めっちゃ普通です。(´゚∀゚):;*.':;
そもそもの音楽性がシットリとしたAOR、80年代産業ロックだもん、派手に叩いてもしょうがない。

曲は派手さも無ければ、ハイライトも無い感じで地味なんですが、産業ロックとしてはまあまあ良いんじゃないでしょうか?
普段聴くのとはジャンルが違うので参加メンバーは御存知ない方ばかりですが、キーボードにDavid Rosenthalが参加しているので、他の方も実力派ではないかと。
ゲストにRushのGeddy Lee、ForeignerのLou Grammなど、何気に豪華ですね。Σ(゚Д゚;)

どうも日本盤しか出ていないみたいなのですが、クロマティは大リーグでもレギュラーを張っていた様な有名人なので、本国アメリカでは結構なレア盤として取引されている様です。(゚ロ゚ノ)ノオォ!!
因みに私は生粋のヤクルトファンですが。(*´艸`)

「Girl Like You」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Slyboyz 『Good Time Music』 1994年 [日本未発売]

SBZ_GTM
私用で長らく更新していませんでしたが再開です。<(_ _*)>
去年からほとんどCD買ってません。
新しいバンドの発掘もしていないので、暫くはマイナー盤や日本未発売盤を中心にやっていきます。(ノ∀`*)


Slyboyz唯一のアルバム。
複数形に~zを使っているので、グラム系のバンドか?と思うかも知れませんが、メロハーです。(゚∀´*)b
ジャケットは冴えないですね。

アメリカのバンドですが、オランダか北欧のバンドの様な爽やか系で、曲の雰囲気は良いけど決め手が無いなぁと言う感じです。
メロハーの隠れ名盤と言うこともあり、他の方もレビューを書かれていますが、特にコメント無しと言う辺りがこのアルバムの中身を良く表しているな、と思います。
`;:゛;`;・(゜ε゜ )ブッ!!

演奏力は高いレベルにあるし、アルバム全体を通して曲も高い水準にあるので悪い印象は無いです。
ただボーカルがそこそこ上手いんだけれど、どこか垢抜けなくてB級感が漂います。
上手くいけばMr. Bigになれたかなぁ?(言い過ぎ?)(*^艸^)
コーラスが綺麗でノンビリとした暖かい雰囲気があって良いですね。

後にキーボードのMarty OlgaとギターのDario DipietrantonioはSavannahと言うバンドを結成して、1stアルバムは日本盤も出ています。
こちらはSlyboyzよりも大人っぽいと言った感じでしょうか。(´∀`)

レア度はそこそこみたいですが、ヤフオクとかでもそれほど高い値が付くわけでもありません。(*ゝ∀・)b

「Hold On To My Heart」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

Kiss 『Monster』 2012年

km
『Sonic Boom』以来3年振りのニューアルバム。
今回は無事日本盤もリリースされましたね。ヽ(゚∀゚)ノ

一度は解散宣言をしたKissがここへきて元気なのは嬉しい。
前作同様70年代バンドを現代に蘇らせた音作りがなされているが、今作の方がより生々しくなっている様に思う。

その辺りは今回、先行シングルでオープニングを飾る「Hell or Hallelujah」にも現れていて、元々シンプルな楽曲を信条としたKissでも、これほどにパンキッシュでファストな曲は無かった様に思う。Σ(・ω・ノ)ノ
それによって、近年のパーティロック色が後退して、シリアスな雰囲気の楽曲が多くなっている。
自身、90年以降からしかリアルタイムで体験していないので、若干の違和感を感じるところもある。

しかしジーンの楽曲に目を向けると作曲が冴えていると思う。
ジーンの歌う楽曲は70年代Kissのそれで、R&Bやジャズっぽいオシャレなノリがあって楽しい。
今回のアルバムには70年代にお蔵入りになった曲のリメイクも含まれているとの事。
なるほどね。
80年代は冴えない曲もあったが、基本ブレないと言うか不器用な人だと思う。(・∀・)

今回はTommy Thayerのボーカル曲は無いものの、前回の様なAceっぽいフレーズは無く、ギタリストとしての権限が強くなったと思う。
それはジーンのインタビューなどでも分かる様に、もうオリジナルメンバーのAce、Peterと一緒にやることはない決意の表れなのかも知れない。d(。ゝω・´)

アルバム発売に向けてバッチリメイクした高島政宏を起用したり、Kissとしては珍しい異例の宣伝活動でオリコンチャートは34年振りのトップ10入りなど活気付いてる。
これはもう来年来日するっきゃないよね。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

「Hell or Hallelujah」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Big Bad Walf 『Big Bad Walf』 1998年

BBW
Big Bad Wolf唯一のアルバム。
メンバーは元Jefferson Starship~StarshipのギタリストCraig Chaquico、元Le MansのべーシストBrett BloomfieldとドラマーKenny Stavropoulosに新人ボーカリストRolf Hartleyを加えた4人。

楽曲はStarshipとLe Mansの2ndを合わせた感じですが、Craig Chaquicoがギターを弾きまくっているのと、Rolf Hartleyが熱唱系のボーカルなので完全にハードロックのアルバムに仕上がりになっています。d(^o^)
正直、Starshipはあまり知らなかったんですが、流石全米№1ヒットを出しているバンドだけあって、このBig Bad Wolfの楽曲も安定感抜群。

音作りに関しては解説書にも書いてあるのですが、80年代的(個人的には90年代初頭)な音作りで、合わせてRolf Hartleyの熱唱系でありながらもハイトーンなボーカルも一昔前の感じで、98年発売のアルバムですが雰囲気的には90年頃の様な感じです。
(。´ω`。)

因みに輸入盤とはジャケがと曲順が違い、最初輸入盤で聴いた時は比較的大人しめでブルージーな曲から始まるのでAOR色の強いアルバムと思いスルーしてました。
日本盤とは受ける印象が随分違います。(・ω・`)

実力派のベテランだけあって、デビューアルバムにして捨て曲無し。
とても良いアルバムなのですが、あまり語られる機会が無いのが勿体無いですね。
(´・ω・`)

残暑厳しい日が続いていますが、涼しく聴けるハードロックです。(・∀・)

「Cutting Edge」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

Trash Brats 『The Jokes On You』 1995年 [日本未発売]

TB_TJOY
本格的な夏の到来で熱中症。(゜A゜;)アツー
最近、ハードなロックしか紹介していないので、久しぶりに軽めのロックを聴きたい。

Trash Bratsはデトロイトを舞台に活動しているバンドです。
デトロイトと聞くと自動車工場で働く労働者の街で、嘗てKissが人気を博した様に分かり易い縦ノリロックが人気の土地柄と言うイメージがあります。今はどうなんでしょうか?
たまたまデトロイトの80~90年代のローカルバンドを集めたサイトを知っているのですが、やはり基本縦ノリで男臭いバンドがほとんどです。

その中で異彩を放っているのが、このTrash Bratsではないかと思います。
音楽はパンクを基調としたスリージーグラムロックで、New York Dollsなんかが引き合いに出されます。

単純明快でシンプルな音作りは確かにデトロイト的ですが、男らしいかと言うとメンバーはミニスカート!?
しかもおっさん。(´゚∀゚):;*.':;
兎に角、ワンピースであれ、ミニスカートであれ、激しいライブでパンチラし放題。
ヾ(*ΦωΦ)ノ ヒャッホゥ

アルバム4枚とベスト盤1枚出してます。
その中でも1stとこの2ndは入手し難い状態です。
基本的にどのアルバムも良く似た感じなので、まずは手に入れられるモノから聴いてみると良いですね。

'10年に再結成ライブを開催したものの、その後は活動しているのか分かりません。
その時の映像を見る限り、もう女装はやっていない様です。ヽ(*´∀`)ノ

「Downtown Nowhere」

ランキング参加中 良ければポチッと押してね↑↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。